1. HOME
  2. 観る
  3. 境内と建造物
  4. 文化財指定建造物修復工事について

文化財指定建造物修復工事

宗門総合振興計画の「基本方針Ⅲ.宗門の基盤づくり」重点項目「宗門内外のニーズに応える施設の総合的検討」及び本山振興計画の重点項目「本山境内地及び境内建物の整備」に位置付けられる「阿弥陀堂内陣の修復」「唐門の修復」「飛雲閣の修復」につきまして、国庫補助事業として2017(平成29)年7月より修復を開始いたしております。

修復期間中はご参拝の皆さまにご迷惑をおかけいたしますが、ご理解、ご協力賜りますよう、お願い申しあげます。なお、修復にあたり、工事車両等が境内を通行いたしますので、ご参拝には十分ご注意ください。

1. 阿弥陀堂内陣 修復

[ 修復予定期間 ]
2017年8月 ~ 2022年3月(4年8ヶ月)

[ 2019年度予定 ]
漆塗・彩色・表具・金具等修復

2. 唐門 修復

[ 修復予定期間 ]
2018年6月 ~ 2022年3月(3年10ヶ月)

[ 2019年度予定 ]
屋根葺替、漆塗・彩色・金具等修復、耐震診断

3. 飛雲閣・黄鶴台附廻廊 修復

[ 修復予定期間 ]
2017年7月 ~ 2020年3月(2年9ヶ月)

[ 2019年度予定 ]
内部漆塗・左官・表具・木部・畳等修復

過去の修復情報

お問合せ先

浄土真宗本願寺派 本山振興計画推進事務所

〒600-8501 京都市下京区堀川通花屋町下門前町 本願寺寺務所内
TEL:075-371-5181(代表) FAX:075-371-5245(直通)