読経

本願寺ではお勤め(永代経・一座経)をお申し込みいただけます。
いのちを恵まれた私たちが、法要をご縁として、仏恩報謝の心を表すことであり、その心はやがて子や孫に受け継がれて、み教えを聞き広めるご縁となります。
また、亡くなられた方をご縁としてのお勤めもお申し込みいただけます。

1.永代経法要

永代経法要は、門信徒の方々によるご懇念によってご本山やお寺が護持され、お念仏のみ教えが永代にわたって受け継がれていく法要です。
いのちを恵まれた私たちが、法要をご縁として、仏恩報謝の心を表すことであり、その心はやがて子や孫に受け継がれ、み教えを聞き広めるご縁となります。ご法義を大切にされる方々の思いが、永代経法要であるともいえます。

法要の種別とお申込み

種別 概要 ご予約・お申込み
永代経の開闢
(かいびゃく)法要
永代経懇志をご進納いただき、初めてお参りいただく法要です。 【要確認】
事前のご予約が必要な場合があります。
年忌・祥月法要 故人の年忌・祥月にあわせお勤めする法要です。 【ハガキ案内】
修行時間をハガキにてご連絡します。
総永代経法要 永代経懇志をご進納いただいた皆さまがお参りいただく法要です。 【当日申込】
修行時間 11:30~/15:00~(変更の場合有)

2.一座経

「一座経」とは、その日の参拝をご縁に申し込んでいただく本日1回限りの読経・お勤めです。
どうぞこの法要を機縁に、み教えのご相続を慶ばせていただきましょう。

修行場所:阿弥陀堂または御影堂
申込場所:参拝教化部(龍虎殿)
修行時間:11:30~/15:00~
留意事項:法要・行事等の都合により、お勤めが出来ないこともあります。参拝日については事前に参拝教化部までご確認ください。

納骨

納骨のお申込みは、大谷本廟で承ります。
本願寺から定期的にシャトルバスも運行しておりますので、ご利用ください。

大谷本廟ホームページへ

納骨の種類

種別 概要
祖壇納骨 「明著堂」奥にあります親鸞聖人の墓所近くに納骨致します。
無量寿堂納骨 室内にある納骨堂に納骨する方法です。
ご名義人の許可が必要です。
墓地納骨 大谷本廟境内にある墓地に納骨する方法です。
ご名義人の許可が必要です。

帰敬式ききょうしき

帰敬式とは、阿弥陀如来・親鸞聖人の御前で浄土真宗の門徒としての自覚をあらたにし、お念仏申す日暮らしを送ることを誓う、私たちにとって大切な儀式です。 この帰敬式を受式され、仏弟子となった方には本願寺ご住職(ご門主)より法名が授与されます。 帰敬式を受式し、共にお念仏を喜ぶ人生を歩みましょう。

執行日時とお申込み

執行日 1月1日・1月16日の晨朝後および1月8日・12月20日の終日を除く毎日2回
執行時刻 午前の部・・・晨朝後引き続き
午後の部・・・午後1時30分
(ただし、本山恒例法要日は、午後1時執行ですのでご注意ください)
お申込み
午前の部は晨朝前、午後の部は執行時刻の1時間前までに、参拝教化部(龍虎殿)までお申し込みください。
なお、所定の申込書を事前に作成・郵送していただきますと、受付時にお待たせすることなく受式いただけます。
申込書は以下のダウンロードより「①帰敬式受式願(PDF形式)」を開き、A4用紙にプリントアウトしてご利用ください。
冥加金 成人  10,000円/未成年  5,000円
留意事項 特に法名の内願をご希望される方は、2ヵ月前までに所属寺院ご住職からのご申請が必要となります。その場合、内願法名懇志として別途1万円以上をご進納ください。
詳細については、参拝教化部(帰敬式係)までお尋ねください。
申込用紙は以下のダウンロードより「②帰敬式受式願・内願用(PDF形式)」を開き、A4用紙にプリントアウトしてご利用ください。
申込書ダウンロード ①帰敬式受式願(PDF形式) ②帰敬式受式願・内願用(PDF形式)

奉告参拝

誕生、初参、入学、卒業、成人、結婚など人生における慶事において本願寺へ参拝し、仏縁に遇わせていただきましょう。

内容とお申込み

実施日
①毎月15日
 誕生・初参など、子供を中心とする家族参拝
②毎月16日
 成人、結婚等を機縁とする各種参拝
※4月(春の法要)・8月(盂蘭盆会)・1月(御正忌報恩講)は除く
留意事項 お電話にて事前申し込みが必要です
毎月10日並びに定員に達し次第締め切りとしております
お申込み・お問合せ 参拝教化部(龍虎殿)

結婚式

人生の門出を飾る結婚式。
仏教徒として、その感激を忘れることなく、報恩感謝の生活を築く第一歩となる「仏前結婚式」をお勧めします。
雅楽演奏が響く厳粛な雰囲気の中、仏前において「誓いの言葉」「念珠授与」などがおこなわれ、一生の思い出となることでしょう。お二人やご両家の希望を承りながら組み立ててまいります。また、ご友人のご参列などのご要望も承ります。

雅楽が響く厳粛な雰囲気の中、
僧侶により式が執り行われます

世界文化遺産に指定された
御影堂での記念撮影

通常は非公開の書院(国宝)の室内でもお撮りいただけます
※撮影は本願寺の指定業者となります

和装・洋装問わず、どなたでも挙式していただけます

内容とお申込み

挙式会場 安穏殿3階
挙式ご懇志 150,000円以上
ご列席数 60名様まで(友人・知人席も含む)
司婚者 浄土真宗本願寺派僧侶
お申込み・お問合せ 参拝教化部(龍虎殿)
ダウンロード ①要項PDFダウンロード ②申込書PDFダウンロード

大谷本廟での結婚式

飛地境内の大谷本廟においても結婚式を執り行っております。
詳しくは大谷本廟のホームページをご覧ください。

大谷本廟ホームページへ

内容とお申込み

挙式会場 大谷本廟 礼拝堂
挙式ご懇志 150,000円~
ご列席数 40名様(友人・知人席除く)
司婚者 浄土真宗本願寺派僧侶
お申込み・お問合せ 大谷本廟 婚礼担当 (TEL:075-531-4171)

免物めんもつ(ご本尊・脇掛)

免物とは主にお仏壇に奉献するお掛軸をさす言葉です。
本願寺第八代蓮如上人は、各地の門信徒の方々に数多くの本尊を授与されています。また蓮如上人以降は、各歴代のご門主様の裏書きのあるご本尊が授与されてきました。歴代のご門主様がお認めになられたご本尊に、御印を押印されているのです。ですから、今でもご門主様よりご本尊の授与をいただくことが門信徒のたしなみとされており、免物という名称の由来ともなっています。
また、これら本願寺よりお迎えするご本尊やお脇掛けは、何百年もの長きにわたり、一幅ずつ手作業で、丹精込めて調進(制作)されています。
是非ともご本尊は本願寺からお迎えいたしましょう。

(1)お仏壇のお掛軸

お仏壇には、中央にご本尊、両脇にお脇掛けをお掛けします。

ご本尊

ご本尊には、阿弥陀如来のおはたらきをそのお姿をもってあらわした「形像本尊(ご絵像)」と、名号(南無阿弥陀仏)をもってあらわした「名号本尊(六字名号)」がありますので、どちらかをお選びください。

「形像本尊(ご絵像)」  「名号本尊(六字名号)」

お脇掛け

お脇掛けには、「祖師御影」「蓮師御影」または「十字名号」「九字名号」があります。

祖師(親鸞聖人)御影   蓮師(蓮如上人)御影

十字名号「帰命尽十方無礙光如来」  九字名号「南無不可思議光如来」

(2)いちょう・きく

お仏壇の設置が難しい住宅においても、心のよりどころとしてのご本尊を安置していただける小型の「いちょう」と「きく」があります。

いちょう(縦24cm×横19cm×奥行9cm)

きく(縦17.2cm×横10.3cm×奥行2.9cm)

(3)御聖教

本願寺のお聖教の開版は、第八代宗主蓮如上人による『正信偈和讃』に始まります。
そのころ、その他のお聖教は御堂衆によって筆写されるようになり、各寺院では本願寺からの免許を受け、証印の押されたお聖教を依用することが通例となりました。
続いて『御文章』(五帖八十通)も天文年間に第十代宗主証如上人により開版され、それ以降のご歴代宗主は、『御文章』を各地のお寺や門徒にお示しになり、浄土真宗のみ教えが広く正しく伝わるようにとお力を注がれました。
そして江戸時代には、より多くのお聖教を人々に伝え広めるため、さまざまなお聖教を本願寺で版を起こし出版したことから、「御蔵版(ごぞうはん)」とも言われます。

お申込みについて

お申込み方法 ※FAXでの申込みは寺院のみ可能
また申し込みの際には見本を参考に在家免物・御聖教申込書記入をお願いします。
申込書ダウンロード 申込書記入見本(PDF)
注意事項 ・在家免物の交換はできませんので、大きさや仕様を確認のうえお申し込みください。(所属の寺院にも確認ください)
・送付先は電話番号まで必ずご記入ください。
・不明な点がありましたら参拝教化部 免物係までお気軽にお問合せください。
お申込み・お問合せ 参拝教化部(龍虎殿)

お申込み・お問合せ

浄土真宗本願寺派 参拝教化部

〒600-8501 京都市下京区堀川通花屋町下る本願寺寺務所
TEL:075-371-5181(代表) FAX:075-371-7601

関連情報