1. HOME
  2. 観る
  3. 境内と建造物
  4. 飛雲閣

飛雲閣ひうんかく国宝

飛雲閣は、境内の東南隅にある滴翠園の池に建つ三層柿葺(こけらぶき)の楼閣建築です。初層は入母屋造りに唐破風(からはふ)と千鳥破風を左右に、二層は寄棟造りに三方には小さな軒唐破風を配し、三層は寄棟造りと実に変化に富んだ屋根になっています。二層、三層と建物は小さくなり、その中心も東に移るという左右非対称ながら巧みな調和を持つ名建築として知られています。全体的に柱が細く障子の多いことから、空に浮かぶ雲のようだということで、飛雲閣と名づけられたといわれています。
一層は主室の招賢殿(しょうけんでん)と八景の間、舟入の間、さらに後に増築された茶室・憶昔(いくじゃく)からなります。二層は三十六歌仙が描かれた歌仙の間、三層は摘星楼(てきせいろう)と呼ばれる庭園と一体となった構造になっています。

※飛雲閣は現在修復中につきご拝観いただけません。

一層の主室・招賢殿

二層の歌仙の間

茶室・憶昔

舟入の間

黄鶴台おうかくだい重文

飛雲閣から西にのびる渡り廊下で結ばれている黄鶴台は、柿葺寄棟造りの床の高い建物です。黄鶴台を降りれば別棟の浴室があり、西南隅に唐破風をもつ蒸風呂と鉄釜などがあります。蒸風呂は、上の窓や板戸の開閉により温度を調節するようになっています。

浴室