1. HOME
  2. 参る
  3. 日曜講演

日曜講演

さまざまな分野で活躍されている方々のお話をうかがう講演会です。
10:30(約70分)/総会所(聞法会館1階)/申込不要・参加無料

今季の予定

10月13日(日)《佐竹本三十六歌仙絵》に秘められた物語と料紙装飾の美

ライター、エディター・永青文庫副館長橋本はしもと 麻里まり

数奇な運命により上下2巻の絵巻から37点に分割された歌仙絵の最高峰《佐竹本三十六歌仙絵》。京都国立博物館の特別展「流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」開催に合わせてその秘められた歴史を紐解くと共に、本願寺から出展される《三十六人家集》を手がかりに、料紙装飾の美に迫ります。
※時間変更 10:15~(京都国立博物館公式キャラクター「トラりん」登場予定)
※会場にて「かみそえ嘉戸 浩かど こうさんによる唐紙作成の実演を行います。
※講演後、「御菓子丸」の特製菓子付きお茶席(有料)を開催予定。詳細はお西さんホームページ等にて発表します。

11月 3日(日)料亭の精進料理

「京料理 木乃婦きのぶ」三代目主人高橋たかはし 拓児たくじ

料理は哲学によって基層が形成される。美味しさはその哲学に基づいた創意工夫によって生み出される。ただ単にお野菜だけを使うのが精進料理ではなく、有職料理、精進料理、本膳料理、茶懐石と、時代の大きなうねりの中で変化してきた日本料理を振り返りながら、料亭の「精進料理」についてお話ししたい。
※講演後、「精進弁当」昼食プランを木乃婦にて実施予定。詳細・申込は同店へ(TEL 075-352-0001)。

12月22日(日)これから日本はどうなるのか?

凱風館館長・神戸女学院大学名誉教授内田うちだ たつる

これから日本はどうなるのか。予測は可能なのですけれど、悲観的なものばかりですので、『そんな話を聴きたくない』とみんな耳を塞いでいます。ですから、『想定外』の出来事に次々と遭遇して、そのつど腰を抜かす・・・ということになると思います。そういう事態を回避するために、『聴きたくない話』をちょっとだけダイジェストでお伝えします。